初心者の為のロードバイクの選び方

チャレンジ企画
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロードバイクを買っちゃいました。

これでお散歩したら気持ちいいだろうなぁ。

これで日本一周とかしてみたいなぁ。っと考えております。

今回はどうやってロードバイクを選んだかご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロードバイクの選び方

普通の自転車じゃなくて、どうせならロードバイクを買ってみたいけど、高いし何を基準にしていいかわからない・・・。って、方も多いのではないでしょうか?

今回、僕が初心者でありながらどんな基準でロードバイクを購入したか紹介したいと思います。

予算

ロードバイクの予算は安いものでは3万円くらいからありますが、高いものにこだわると100万円くらいのもまであります。その為こだわったらきりがありません。

自分の予算としてどのくらいまでなら出してもいいかと考えてみるのがいいかもしれません。

因みに僕は自転車屋さんの説明を聞いて定価13万円のGIANTのCONTEND SL2というバイクにしました。途中魅力に取りつかれて更に奮発しそうになりましたが店員さんが止めてくれました(笑)

インターネットで購入すると低価格で購入できますが、近所の自転車屋さんで購入するとメンテナンスや修理などサービスしていただける場合があります。工具があってご自身で組み立てたり、メンテナンスに興味がある方であればネットで安く購入するのも良いかもしれませんが、素人であるなら自転車屋さんのサービスもご検討された上で購入することをお勧めします。

僕の購入した自転車屋さんはメンテナンスサービスの他にイベント企画などがあったことから、ネットで購入するよりは高くなりましたがサービスに価値を見出して購入しました。

ロードバイクの使う目的

例えば「レースに出たい。」とか、「通勤に使いたい。」とか「旅に出たい。」とか、目的が決まっているのであれば、これも選択の目安になります。

レース用に使うのであれば少しでも軽いバイクの方がいいし、ギアーも細かく調整できるものの方が適します。必然的に金額も高いものになってきてしまいます。

しかも、ロードバイクにはタイプがあるのでスピード重視で攻めるならエアロタイプを選択するべきであるし、山道など峠を攻めるのであればヒルクライムタイプでフレームが軽いものがお勧めになります。オールランドタイプもあるので初心者ならオールランウドタイプを選択するのも一考です。

変速機ギアの性能

ロードバイクの性能として、最も左右されるのが変速機ギアです。SHIMANOのコンポーネントが最もメジャーで、クランク・ブレーキ・変速機・ギアなどをとりまとめたものをコンポと呼びます。

下記がシマノのコンポをとりまとめたものです。

  • クラリス 約35,000円 約2,810g 前2×後ろ8枚=16切替
  • ソラ   約46,000円 約2,830g 前2×後ろ9枚=18切替
  • ティアグラ 約54,000円 約2,740g 前2×後ろ10枚=20切替
  • 105   約65,000円 約2,550g 前2×後ろ11枚=22切替
  • アルテグラ  約100,000円 約2,340g 前2×後ろ11枚=22切替
  • デュラエース 約210,000円 約2,030g 前2×後ろ11枚=22切替

ソラ、ティアグラは街乗り用。105がレース用で真ん中ポジション。アルテグラ、デュラエースはプロ選手ご用達です。

店員さんに確認したところ高ければ高いほど差が出るのはアルテグラまでと言われました。

アルテグラとデュラエースは金額として10万円も差がありますが、ほとんど差は無いとのことです。ただし、プロになると重量を軽くすることでゆくゆくの勝敗に左右されることがあります。完全にプロ用ということです。

ご覧の通りコンポでこの価格帯になるので自転車全体の金額の目安にもなります。自転車のパーツはコンポ以外だと残りはフレーム・タイヤ・ハンドルですよね。

注意事項

コンポを見る方法としてメーカーのカタログを見てみるとそれぞれギアやクランク・変速機にどんなコンポが使われているかわかります。各パーツを実際みてみても刻印がされており、わかるようになっています。

初心者で注意しなければいけないこととして、コンポとして統一されていれば良いですが、混載されている場合もあるのでご注意下さい。

つまり購入者が初心者と踏んで

変速機ギアだけ105でそれ以外はティアグラにして105仕様車として売り出しいる場合もあります。

シマノ製で統一されていればまだしも、統一されていない場合は性能に大きく差がでる可能性もあるのでご注意下さい。

素材

フレームの素材です。

大きくフレームにはアルミ製とカーボン製の素材があります。

カーボン製はアルミ製に比べ、より軽くなっており、振動吸収性も高まっております。

ただし、その分価格も上がります。

耐久性はカーボン製よりもアルミ製の方があるようです。

シマノのコンポネート105を搭載しているものから大抵フレームがカーボン製になってきており価格も20万円前後の全体価格のものが増えてきます。

ロードバイクで日本一周を考えるのであれば、カーボン製よりも頑丈なアルミ製を選んだ方が良いみたいです。

低価格のフレームと高価格のフレームとの違いは他にもあります。高価格のフレームは軽量化や振動軽減の他にも、空気抵抗への影響も軽減されております。また、ケーブルがインナー仕様になっております。

高いロードバイクはブレーキケーブルが外に出ておらず、フレーム内に収納されているところもカッコいいですよね。

ロードバイクのメリット・デメリット

メリット

ママチャリと大きく違うメリットです。

  • スピードがでる。
  • 形状がカッコイイ。
  • 公共機関で輪行ができる。

ロードバイクはスピードが出ます。原動機付自転車と同等のスピードが出るため、公道を走行するようにしましょう。その際、自動車に気を付けてわがままな運転をしないように走行しましょう。

カッコいい自転車を購入して自分なりにさらにカスタマイズして楽しみましょう。

専用の輪行袋を購入することで、タイヤを外して公共機関で運ぶことができます。僕がロードバイクを購入する最大の決め手は輪行袋でどこへでも持ち運びが出来ることだったからです。

原付と同じくらいのスピードが出せる上、ガソリンを必要としないで持ち運びが出来るって凄くないですか?

それがロードバイクの良いところなんです。

デメリット

メリットがあればデメリットもあります。

  • スピードが出る分危険。
  • 走行マナーの知らない人がいる。
  • 体力がないとスピードが出せない。
  • 自転車置き場に迷う上、盗まれやすい。

スピードが出る分車道で運転しましょう。と言うか、そもそも自転車は軽車両なので車道で走るべきであったりします。自動車の運転手に分かりやすいように手信号をするなど目立つ運転を心がけましょう。ただし、弱者保護だからと自動車の走行の妨害になるようなマナーの悪い運転はやめましょう。

ロードバイクと言っても所詮は人力です。体力がない人はマシンの性能を引き出すことができません。良いサッカーボールやゴルフクラブを買ったからプロ選手のように上手にプレイ出来るわけではないのと同じです。

スピードを求めて極限まで要らないものを削ったものがロードバイクです。ロードバイクにはママチャリと違って自立させるためのスタンドがついていません。一般的には立掛けておくケースが多い為、置き場に困ることが多々あります。街乗りする場合は置き場所に気を付けて盗難にはくれぐれも気をつけましょう。

ロードバイクを狙った窃盗団も多いので、鍵は必ずかけましょう。

まとめ

ロードバイクは高い買い物ですが、5年ごとに技術が進歩します。使用目的を自分の中で整理して、どこまでのものが自分の中で満足できるかというのがポイントです。

近くの自転車屋さんで購入するメリットや価格を抑えるためにインターネットで購入するメリットとデメリットを理解しつつ、購入した後のメンテナンスの事も踏まえて購入しましょう。

メーカーから好きなデザインのものを選ぶこともできます。

変速機・ギアのコンポやフレームの特性からも価格帯を決めることができます。

メーカー品から初めるも良し、パーツから揃えて組み立てる楽しみを持つも良し、サイクリングの楽しみを持つも良し。

みなさんのロードバイクの選択の目安になれば幸いです。

ちなみに、

僕のロードバイクのきっかけは某アニメから始まり、輪行でどこでも持ち運びが出来るということからでした。ロードバイクで日本中の名所を旅するのって憧れますよね。綺麗な海が見える丘や素敵な棚田を見て回りたいです。

コメント

  1. […] 初心者の為のロードバイクの選び方ロードバイクを購入しました。購入する際、初心者としては何を基準に選んでいいか分からなかったので、皆さんの参考になればと思います。同じ初 […]